キサイチのお酢About Kisaichi Vinegar

当社は、大正十一年創業の食酢醸造の会社です。

酢は寿司には欠かせない食材の1つで、特に鮮魚を使った江戸前の酢は飯も魚も旨く食べられる適度な酸味の度合いが難しく、ネタや米の状態に合わせた酢の調合は鮨職人の技が光る重要な仕事です。関西の鮨酢が端麗な米酢を主体としているのに対し、当社は江戸前鮨用の赤酢(酒粕乃酢)の醸造に力を注いで来ました。顧客の大半は寿司店になります。プロの職人からもお墨付きを頂いた私市のお酢を健康志向が高まる現代だからこそ、一人でも多くのお客様にご愛用頂けるよう努めて参ります。

素材ひとつにもこだわりを。確かな品質をお客様の元へお届けします。

当社の酒粕乃酢は端麗辛口で有名な越後の大手酒造メーカーの吟醸酒粕を用い、自社工場内で三年間以上熟成させたものを原料とし、私市醸造独自の伝統の品質を守り続けながら日々研究を重ねる会社です。商品ひとつひとつの持ち味を活かす原材料を厳選し、国内産にこだわっております。食材を引き立てる贅沢な味を追求することで一般家庭から寿司店などの業務用まで幅広くご支持を頂いております。ISO22000認証の自社工場で生産します。

伝統の製法を守りながら最新の技術と融合させた味は私共の誇りです。

当社では伝統的な杉の30石(約5400リットル)の杉の桶で仕込みを行い、創業以来長い年月を経て蔵の桶に住み着き、自然淘汰された優良酢酸菌によりさらに2~3ヶ月間かけて静置発酵法を用いて穏やかな発酵を行い、更にこの後3ヶ月の熟成を経て作り出されます。また、食酢発酵プラントにより自動化された技術により純粋に培養された優れた酢酸菌(お酢をつくる菌)をコントロールし発酵後じっくりと長期間の熟成工程を経て良いお酢が生まれます。

機械任せでない製造ラインと徹底された品質管理は安全・安心を保証します。

弊社工場では安心・安全な製品をお客様へお届けするために工場設備を余念なく管理しております。オートメーションで管理された生産ラインにも品質の管理は機械ばかりには頼らず、その道のプロと呼ばれるスタッフがその目でしっかりと確認作業をしています。また、製品に関わる全ての従業員を対象に食品安全管理にまつわるセミナーや研修などを定期的に行い、常に従業員の意識や知識の向上に努めております。

日々新たな味を研究開発し美味しさへの可能性を追求。

お客様のより豊かな食生活・クッキングライフのために永年にわたって培ったノウハウをベースに、様々な研究を積み重ね、皆様のお役に立つ風味豊かで安全な新製品の開発に努めています。業務用製品、一般家庭用製品ともに厳しい品質管理を行い、よりお客様に食の喜びと健康な食生活に貢献出来る企業であり続けます。

Pagetop

メールでのお問い合わせ お問い合わせフォーム

↑PageTop